飛行機の騒音ノイズもこれでカット – 完全ワイヤレスな耳栓型ノイズキャンセリングデバイス『QuietOn』

久々にクラウドファンディングで気になる商品を見つけました。その名も『QuietOn

音を消すことだけが目的

ノイズキャンセリングと聞くと、音楽を聴く際に邪魔になるノイズを消すために、イヤホンやヘッドホンに搭載されることが多い。もちろんこれは理にかなった機能である。純粋に音楽を楽しみたい場合には。

この『QuietOn』は周りの音を消すことだけを目的としたいわゆる耳栓である。言ってしまえば機能はそれだけしかない。シンプルにそれだけに特化したことを評価したい。

ノイズキャンセリングヘッドホンとして有名なものとして、Bose の『Quiet Comfort』がある。こちらは音楽を聴くためのヘッドホンだが、ノイズキャンセリングだけを利用することも可能ではある。とはいえそのためだけにと考えてしまうと大きい。

Bose QuietComfort 35 wireless headphones ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ブラック
Bose QuietComfort 35 wireless headphones ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ブラック
  • 価格: ¥ 38,002
  • 出版社/メーカー:Bose(ボーズ)
  • 販売者:Amazon.co.jp

シンプルな機能美

ノイズキャンセリングだけに特化したシンプルさゆえ、多くの利点を備えている。

まずは非常に小さい。耳にすっぽりと入る左右独立型の形状のため、寝ながら利用しても邪魔にならなさそうである。コードレスである点も良い。

そしてスイッチがない。使うために電源をオンするといった動作も必要がない。そもそも耳栓として利用するためのものなので、わざわざオンとかオフとか関係ないよね。

バッテリーは内蔵で、充電は専用ケースに入れることで行える。このタイプは最近賑わせているイヤホン『EARIN』と同じ方法である。一回充電すれば50時間の利用が可能ということなので、長旅でも充電を気にすることはほとんどないだろう。

旅行の必需品となるか

あとは実際のノイズキャンセリングがどのくらい有効かが気になるところ。それがメイン機能なので中途半端なことはないと期待している。

現在はクラウドファンディングの Indiegogo で資金を集めているところ。1番安い出資で130ドル(執筆現在の換算で約15,200円)。目標金額の5万ドルに対して、執筆現在では約15万ドルと3倍程度を集めているようである。

飛行機の音もそうだけど、普段集中したいときにも利用できそうなのでかなり期待している。出荷予定は2016年4月。予定通りならGWの旅行に間に合うが、目標の3倍とか集まっていると、だいたい生産でバタつくのでもう少し遅れるんだろうな。。

何はともあれ久々クラウドファンディングの期待商品。

『NeuroOn』はまだ来ないのか?