『杜若』自由が丘の大人な空間の日本料理店で旬の食材を味わってきた

奥さんの誕生日が近いということで普段よりも贅沢な食事を楽しみたい。

そんな中今回選んだお店は自由が丘にある『日本料理 杜若』

落ち着いた大人な空間で非常に美味しい料理の数々を堪能させてもらいました。

日本料理 杜若

自由が丘でも無印良品などがある通りのさらに一本奥の通り。

人通りもかなり少なくなる静かな住宅街へと続くところにお店がある。

今回予約の際に奥さんの誕生日でと伝えていたので席を出迎えたのは綺麗なお花。

こういう演出をしていただけるのは非常に嬉しい。お花と一緒に最初に写真を撮ってくれた。

お酒を飲むと顔が赤くなってしまう奥さんも、先に写真を撮ってくれるほうが助かると喜んでいた。

お店の名前と同じ「杜若」コースを予約しました。

予約にはプラチナ・グルメセレクションを利用させてもらったのでお得に味わわせてもらいました。

始めはビールを飲みながら待っていたら出てきたのが香箱蟹!

ぷちぷちとした外子とネットリした内子がこんなに美味しいとは思わなかった。

小さいながら足身もしっかりとした味わいでした。

海老しんじょうと真鱈のお吸い物。

海老しんじょう大好き。海老の味がぎゅっと詰まっている。

お刺身は北寄貝、天然ぶり、真鯛とエビ(何エビだったか忘れてしまった!)

ブリの脂ののりが最高でそれでいてしつこくなく非常に美味しかった。

八寸。秋を感じさせる鮮やかで温かみのある盛り付けが素晴らしい。

生のりとしらす、あん肝、青柳とめかぶ、茶碗蒸し、牡蠣。

磯の香りがする生のりが大好きです。しらすとの相性もばっちり。

湯葉の入った茶碗蒸しの餡が非常に上品で美味しかった。

いくらと鮭の一口寿司。こうやって少しずつ食べさせてもらえるのがなんか嬉しい。

ウニののった手打ちそば。

お蕎麦にウニをのせるとは思わなかった!一気に濃厚な味わいへと変わりました。

白子の松前焼き

焼いた白子を食べたのは初めて。

焼くと一段と濃厚な味わいが強くなる。そして甘い。つい日本酒を飲みすぎました。

牛肉と大根の炊いたん。器もまた綺麗。

炭火で焼かれた牛肉の香ばしさと出汁を吸った大根の組み合わせが絶妙でした。

最後はゴボウと鶏肉の炊き込みご飯。

ゴボウの味が濃かった。しっかり食感を残しつつも柔らかい。

ついついおかわりしちゃいました。

デザートはりんごのゼリーとシャーベット。もひとつ抹茶のチョコレートも。

ここも最初と同じようにお花での演出をしてもらいました。

まとめ

ひとつひとつ丁寧に仕上げていただいた料理はどれも美味しかったです。

しかも器や盛り付け方も繊細で丁寧。見ているのも楽しかったです。

店内も静かで落ち着いていてじっくりと料理を味わうことができました。

プラチナ・グルメセレクションのおかげでお得に利用させてもらいましたが

次は普通に利用させてもらいたいと思います。

プラチナ・グルメセレクション