ITわんこは今日も征く

ガジェット食べ物 ときどき アプリ

ハワイで3つのSIMカードを試してみようと思う【アメリカ】

スポンサーリンク

f:id:natzsoft:20170306231451j:plain

今度ハワイに行くことになりました。

今期最後にやっと長い休日を取れそうです。

これまであまり行こうと思うことがなかったハワイ。

最近行きたい熱が上がってきてギリギリでも予約できたので行くことにしました。

ということで、海外旅行となると当然のごとく探すプリペイドSIM。

今回ももちろん調べました。で、3つのSIMカードを使ってみようという結論になりました。

ZIP SIM

ハワイ(アメリカ)のプリペイドSIMで探すと一番情報が出てくるSIM。

旧READY SIM と呼ばれるもの。

T-Mobile 網を利用したMVNOである。

ハワイで使う場合、主要なエリアでは問題ないが場所によっては繋がりにくいところもあるらしい。

Amazonで買える

このSIMはAmazonで買える。

現地のサイトから買って送ってもらうこともできるけど、送料を入れるとAmazonのほうが安い状態。

プライム会員なら翌日配送もあるのでこちらが便利。

7日間利用可能で、通話+SMS+データ通信500MB、というSIMカードで2,380円。

14日間のデータ通信1GBでも3,180円。

シンガポールや台湾と比較したら当然高いけど、ローミングを利用するよりは断然安い。

設定が楽

昔は現地についてからSMSを送信してアクティベートを行うようだったが、現在は電波を掴んだら勝手にやってくれるらしい。

あとはAPN設定を名称「wholesale」で実施するだけ。

かんたん楽ちん。

H2O Wireless

次に試してみようとしているのは H2O Wireless のSIM。

KDDIアメリカが展開している。

KDDI Mobile x H2O Wireless

MVNOだが利用しているのが AT&T ということで T-Mobile よりも快適らしい。

アメリカシェアNo.2だけのことはある。

Amazonでも買えるけど設定の楽をした

このSIMもAmazonで買える。ただ多少設定が必要。

単純にアクティベートと番号の取得、プランの購入というくらいですが。

今回は楽をしようと思ったので、以下のサイトから購入。

isoon.org

アクティベート処理はお店のほうでしてくれて、開通をお願いした日に実施して電話番号を教えてくれる。

そのくらい自分でやれという感じだが面倒だったので任せました。

普通に買うとカード代が9.99$。プランが30$。30日間3GB。

こちらのサイトで4,770円。Amazonからカードだけ買うと1,000円くらい安くなるかな。

日本語のマニュアルもあるので実はそんなに難しいものではないようですが。

もうすぐしたら以下のようなSIMカードもAmazonで売られるみたい。

おそらくやることは同じことではないでしょうか。

au版iPhoneはSIMロック解除なしでも利用できる

一番の魅力はここ。

通常SIMロックフリーの端末を用意しましょうと言われる海外でのプリペイドSIM利用。

自身のキャリアのSIMカード以外の利用ができないようにされているため。

ただ、アメリカに限って言えば、au版iPhoneでAT&T網が利用できるという情報がある。

weekly.ascii.jp

SIMを購入したサイトでも記載されているし、レビューでも実績報告がされている。

奥さんのiPhoneがau版のiPhone SE なのでこれを利用することに。

いつもはテザリングでつなぐとかしていたけど面倒とのことで。(実際テザリングは面倒)

iPhone SE での実績報告は今のところ見つけられなかったのだけれど、おそらく大丈夫だろう。

Apple SIM

www.apple.com

最後にApple SIM。

9.7inch iPad Pro を持っているので Apple SIMが内蔵されている。

これは使わない手はないってことで調べてみた。

iyuichi.hatenablog.jp

iPad なのでデータ通信だけで良いわけで、150日5GBで10$のプランがあるみたい。

これは断然安い!

内蔵SIM使ってみる機会もあまりないしこれは試すしかない!!

さいごに

ということで、今回はハワイで使える3つのSIMカードを紹介しました。

それぞれ特徴があるSIMなので、状況や用途にあわせて選ぶと良いでしょう。

さて、ハワイに行くのが楽しみだ。


シンガポールのSIMカード情報はこちら。

台湾のSIMはこちら。

EU向けならこちら。