ITわんこは今日も征く

ガジェット食べ物 ときどき アプリ

『QuietOn』【開封の儀】完全ワイヤレスな耳栓型ノイズキャンセリングデバイス

スポンサーリンク

f:id:natzsoft:20161023221934j:plain

以前クラウドファンディングサービス『Indiegogo』で申し込んでいたノイズキャンセリングバイス『QuietOn』が届きました。

ということで開封の儀。

QuietOn

『QuietOn』は耳栓型のノイズキャンセリングバイ。イヤホンのような形状だが音楽再生機能はない

blog.itdog.jp

その代わり非常にシンプルな構成で、ケースから取り出せば電源はONになり自動的にノイズキャンセリング機能が動作する。

なので、ただ耳に差し込めば良いだけである。

ちなみに今回の発送はフィンランドからFedexで送られてきた。製造は中国だったと思うから検品とかしてたのな?

10/18(火)に発送され10/22(土)には届いた。日本での配達は日通航空が対応。おかげで1回目の配達で宅配ボックスに入れてくれた。

開封の儀

f:id:natzsoft:20161023225346j:plain

箱もシンプルに本体とケースをデザインしたもの。

f:id:natzsoft:20161023225850j:plain

引っ張り出したところ。ケースが鎮座している。

f:id:natzsoft:20161023230039j:plain

ケース。上面には『QuietOn』のロゴが入っている。

f:id:natzsoft:20161023230951j:plain

ケースの蓋を開けたところ。こんな感じで収納されている。

f:id:natzsoft:20161023221934j:plain

線のないイヤホンといった形状。金属部分は充電端子。

予備のイヤーピースはなく付いているものだけだった。

使ってみた

届いた段階で充電はされていた(試しに充電したけどすぐに完了状態になった)のでさっそく試してみた。

電源はONになっているのでそのままに耳に入れてみる。少しひねって丸いでっぱり部分を後ろ側にして耳の輪郭に合わせるとすっぽりと収まる。

が、ちょっと私の耳では大きいか。もうひと回り小さいと本当の意味ですっぽりだったかも。

ノイズキャンセリング機能としてはそれなりの効果がある。

普段のボリュームでテレビを流している状態で、テレビの音が遠くから聞こえてくるなという印象。

完全にシャットアウトはさすがに出来ない。なので周りの音も正直なところ聞こえる。目の前で喋られたらその声も聞こえる。

ただし、どの音も遠くから聞こえるような小さな音にはなっているので、集中の邪魔をされる程度は下がる。

ノイズキャンセリング特有の「サー」というホワイトノイズも多少あるがあまり気にならない程度。音楽聞けるイヤホンじゃないのでこれがあったら致命的だけどね。

そう考えるとノイズキャンセリングイヤホンやヘッドホンって理にかなっているなと思ってしまう。

まとめ

普通の耳栓と変わらないサイズでノイズキャンセリング機能があるというのは非常にありがたい。

持ち運びが楽なので旅行でも鞄やポケットに入れておけば良いし、仕事中などでも利用できそう。

イヤーピースがあまり好きな感じでないので、別途使えるものがないか探してみようかなと思う。

ソニーのイヤホンなどより形状が細い(5mmない程度)ので、どのタイプが良いのだろうか?

もうすぐ宮古島に行く予定があるのでそのときには飛行機で試してみます。


2週間ほど使ってみた感想

blog.itdog.jp


最近ゼンハイザーのヘッドホンが安くなっているので、ノイズキャンセリング付きヘッドホンとして『Momentum On-Ear Wireless』を買おうか悩む日々。

最近米Amazonからも輸入ができるみたいだけど、送料込みで290ドルくらいだから、国内正規品を購入したほうが良いかな。