読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITわんこは今日も征く

ガジェット食べ物 ときどき アプリ

【IFA 2016】情報を耳で入手する『Xperia Ear』の発売が正式発表されました

スポンサーリンク

MWC 2016 で参考出品されたソニーの『Xperia Ear』が、IFA 2016 の中で発売を正式発表されましたね。

f:id:natzsoft:20160907220413j:plain

出典:http://www.sonymobile.com/

MWC 2016のときに書いたのはこちら。

今日はそのときに気になった内容を再確認。

あらためて『Xperia Ear』

Xperia Ear』は「Xperia smart products」のひとつ。自宅にいるか外出中かなど状況や環境に適応し、ユーザーの好みや行動、活動を理解するインテリジェントデバイスとしての新カテゴリ。

そのなかのひとつ、 次世代ワイヤレスイヤホンとして発表されたのが『Xperia Ear』

どのタイミングで情報を提供するのか(しないのか)

どうやって適切な情報を提供するかですが。

内側には近接センサーが搭載されており、耳に装着した途端に、アシスタント機能が開始される

近接センサー搭載は当初より情報として出ていたので、予想通り装着することで起動する動作でしたね。

Earは、「常に装着しておくデバイス」というよりは、仕事中や移動中など、何かをしているときに着けるもの。適切なタイミングで、最新の情報を受け取れる・送れるということが、Earの大きな魅力のようでした。

連続利用時間が約4時間ということもあり、ずっと着けたままのデバイスというわけにはいかないみたい。

逆にこれを割りきったことで、あくまで着けているときは「情報を提供してくれるデバイス」という位置づけにして、情報が欲しくないときは外してねとしたようである。

情報がほしいほしくないの判断は何をもって行うべきか、いろいろな条件があるため正しい判断は難しい。そこはユーザーに任せたみたい。

音楽向きではない

これは片耳タイプの時点でそうなんだけど、ステレオ再生はできない。

EARIN のような完全独立型ステレオイヤホンだと良いのだけど利用用途が異なるとしての割り切りですね。

レスポンスは?音声コマンドは?操作は?

実際に「今日のベルリンの天気は?」と聞いてみたところ、2秒ほど置いて「今日のベルリンは晴れ、降水確率は0%です」というように、きちんと日本語で返ってきた。 音声認識スマートフォンではなくクラウドで行うそうで、ネットワークに接続している状態でなければボイスコントロールは行えない。

クラウド経由なので反応があまり早いとはいえなさそう。Siriくらいのレスポンスはほしいかなと。

また、こちらから音声コマンドを行う場合はデバイスのボタンを押すらしい。ちょっとめんどくさい感じがする。これも「Hey Siri」みたいに声で反応してくれると良いのだけど。利用時間から。。。

ちなみに、メッセージに対するユーザーの受け答えとしては首を振る動作が使える模様。縦に振ったら「Yes」横に降ったら「No」と。

インドの人は困りそう(笑)

まとめ

MWC 2016 のときに思い描いていたものからそれほど大きな違いはなかった。

あくまで情報提供を音で行うためのもの、使うときに装着してねと割りきった扱いになっている。

11月に欧州で発売、価格は199ユーロ(2016/09/07時点換算で約22,700円)割り切りから考えるとちょっとお高いですかね。

ところで対応機種はどこまでだろうか?XperiaAndroid)だけ? iPhone でも使えるのかな?

SONY グラスサウンドスピーカー Bluetooth対応 LSPX-S1

SONY グラスサウンドスピーカー Bluetooth対応 LSPX-S1