読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITわんこは今日も征く

ガジェット食べ物 ときどき アプリ

Node.js をnodebrewでバージョン管理しながらインストール

Mac Node.js JavaScript
スポンサーリンク

どもNatzです。

諸事情によりMacbook Airの中身をまるっと全部消してしまいました(泣)仕方ないので真っさらの状態からいろいろと環境の構築を行っているところです。

ある意味せっかくキレイになった環境なので、キレイな状態を保ちつつ環境の構築をしようと、Node.jsもバージョン管理しながらインストールをしようと思います。

nodebrew

nodebrew は Node.js のバージョンを管理してインストールや切り替えが行えるツール。ものによって異なるバージョンを要求されることもあるので、その際の切り替えを簡単に行えるようにできます。

てことで、インストール。

homebrew のインストール

すでに入っている可能性もあるが、homebrew がインストールされていない場合はインストールを行います。

Homebrew — macOS 用パッケージマネージャー

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

問題なくインストールされているかは、以下のコマンドで確認できます。

$ brew doctor

nodebrew のインストール

homebrew を利用してインストールします。インストールしたらセットアップを行います。

$ brew install nodebrew
$ nodebrew setup

そして、nodebrew のパスを通します。

$ export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

Node.js バージョンの確認

インストールが可能な Node.js のバージョンを確認します。以下のコマンドを実行します。

$ nodebrew ls-remote

そうすると以下のような感じでバージョンの一覧が表示されます。

v0.0.1    v0.0.2    v0.0.3    v0.0.4    v0.0.5    v0.0.6    

(省略)...

v4.0.0    v4.1.0    v4.1.1    v4.1.2    v4.2.0    v4.2.1    v4.2.2    v4.2.3
v4.2.4    v4.2.5    v4.2.6    v4.3.0    v4.3.1    

v5.0.0    v5.1.0    v5.1.1    v5.2.0    v5.3.0    v5.4.0    v5.4.1    v5.5.0
v5.6.0

インストールと利用

今回はLTS版のv4.3.1をインストール

$ nodebrew install-binary v4.3.1

利用するためには以下のコマンドを実行

$ nodebrew use v4.3.1

Node.js のバージョンを確認してv4.3.1になっていたらOK。

$ node -v
v4.3.1

まとめ

nodebrewを利用して Node.js のバージョンを管理しながらインストールを実施しました。

Electronを利用する場合、内部の Node.js のバージョンが特定のバージョンになるため、開発環境と合わないといった現象が発生する場合があります(執筆時点でElectron 搭載バージョン:5.1.1)。

同一バージョンで開発を実施するためにもバージョン管理は必要になりますね。