読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITわんこは今日も征く

ガジェット食べ物 ときどき アプリ

ぎっくり腰2日目

スポンサーリンク

f:id:natzsoft:20160116211917j:plain

どもNatzです。

ぎっくり腰になって2日目。ほんとなんも出来ないってことがよく分かりました。まじつらい。
しかし突然くるんだなぎっくり腰って。
 
 

ことの始まりは昨日の昼食時

 
ぎっくり腰に襲われたのは昨日の昼食時。職場の食堂にていつも通りご飯を食べていた。

 

実は先週くらいから多少腰が重いとは思っていたのだが、年明け初のテニスレッスンだったので、筋肉痛やらなにやらとあっても仕方ない程度に思っていた。
 
お昼ご飯を食べ終わって支払いへと席を立ってからだった。なんかいつもよりも腰が痛い。真っ直ぐに立てず痛くないバランスになる位置を探しながら歩かないといけなかった。でもこのときはまだ痛いけど歩くことは出来るくらいに思ってた。
 

席に戻ってからだんだんひどくなる

 
自分の席に戻ってから気付いたのは、座っていても座り方によって痛いということ。とりあえず痛くない位置を探しながらゆっくりしていた。
 
昼休みが終わったあと、トイレに行きたくなったときに、改めてひどさに気付く。普通に歩けない。腰を真っ直ぐ伸ばせない。当然早くなんて歩けない。座ろうとするのも痛い。またこんなときに限ってお腹が痛くなってトイレに行きたくなるとか。。
 
自分の席に戻って、これほあかんなとひとまず上司に相談。このあと出席せなあかん会議とパーティー的な飲み会があったのだが、座り続けられないし、立ち続けられないしでキャンセルさせてもらう。
 

よろよろしながら帰宅

 
会議はキャンセルしたけど、なんか後ろめたい気持ちでとりあえず定時までは会社にいた。そもそも動けたのかという話ではあるのだが、さっさと帰ったほうが良かったのかも。まだ最初の頃のほうが楽だった気がする。
 
定時になって帰宅を試みる。スピードは出せないし、良い位置にならないと痛むので、ものすごくゆっくり歩いて帰路についた。バスとか電車とかよく乗って帰ったなと、自分でもつくづく思う。
 

夕食だと言われても立ち上がれない

 
最寄り駅で妻と合流して帰宅。とりあえず横になりたかったので布団に転がり込む。でも、横になっても痛い。どうしたら痛くないような姿勢が出来るのかと本気で悩んだ。どうやらまったく痛まない位置はないようで、なるべく痛くない位置を保つしかなかった。
 
そのまま少し眠りについて、夕食だと呼ばれたので、動こうとするがこれが出来ない。腕で支えて立ち上がろうにも出来ず、なんとか布団からは出たけど、立つことは出来なかったので、這ってダイニングまで進んだ。ほんまここまでなるんやなと。。
 
そのあとはもうずっと布団の中。トイレに行くにも一苦労。お尻から太ももにかけてもなんか痛いし。
 

2日目になって、多少歩き方を覚える

 
ぎっくり腰はひとまず3日くらいは安静にしているしかないと言われているので、ご飯とトイレ以外はまったく動かずにいる。
 
立ち上がることはまだまだ大変だが、なんとか痛さの少ない歩き方が少し出来るようになったので、少しだけ楽になった。腰自体の痛みはあまり変化はない感じだが。
 
咳やくしゃみをするだけでも痛いのでほんと大変。また、腰の痛み以外は健康なので、することがなくてこれもまた大変。ブログネタ考えるとか、そういうのはちょっとしんどいのでやれてなく、漫画とか映画とか、そういうので時間つぶしくらいが良いところ。
 
ひとまず明日まではこのまま安静にしときます。月曜どないやってるやろ。。。